ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


カテゴリー:雑感

第85回アカデミー賞 最多受賞は『ライフ・オブ・パイ』 歴史的に見て予想外の結果に

アン・リー

2月25日にロサンゼルスで開催された第85回アカデミー賞授賞式。2012年に公開された作品の中から最優秀作品賞に『アルゴ』が選ばれた。他の部門賞はてんでバラバラの結果になり、6作品が各賞を分け合う形になった。最多受賞はアン・リーの監督賞を含む4部門受賞の『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』だった。
...続きを読む

2013/02/26 2:37


『龍が如く OF THE END』人気アクションゲームがゾンビゲームに

流が如く OF THE END

先日、『龍が如く』シリーズの最新作『龍が如く OF THE END』をクリアした。6年続いている人気シリーズが今年は何を思ったか突然ゾンビゲームに方向転換した。賛否あるが、筆者は良かったと思う。セガの意欲作を存分に堪能させてもらった。

『龍が如く』シリーズは、2005年に1作目が出た時からすでにセガの代表作といえるものだった。記念すべき1作目は、テレビゲームなのに本格的に極道の抗争を描いた画期的作品として大ヒットを記録。三池崇史によって実写映画化もされた。それから現在まで毎年1本のペースで新作を出して、いずれも大ヒットしている。
...続きを読む

2011/08/08 1:26


戦争ゲーム『戦場のヴァルキュリア3』壮大なる架空の歴史ドラマ

戦場のヴァルキュリア3

発売日からだいぶ経ってるゲームだが、先週ようやくPSPの『戦場のヴァルキュリア3』(株式会社セガ)の「やり込み」をコンプリートしたので紹介する。

ゲームには「クリア」と「コンプリート」という2つの達成感がある。「クリア」というのはステージのゴールにたどり着くことで、すべてをクリア(全クリ)するとエンディングとなる。一方、「コンプリート」というのは「やり込み」の到達点である。「やり込み」とは、クリアした人が別の目的を見つけて遊ぶことである。以前は「やり込み」というものはゲーマー自身が目的を見つけるものだったが、最近のゲームはメーカー側があらかじめ「やり込み」要素を用意してくれていて、これが最近のゲームの言わば醍醐味になっている。この「やり込み」をどこまでやらせるかがゲームの価値を決めるといっても過言ではないのだ。
...続きを読む

2011/07/18 2:17


3.11以後、4ヶ月の沈黙を破ってついにハリウッドスターが来日する

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で、監督・キャストが今週16日に緊急来日することがわかった。長い間待ちに待ったジャパンプレミアが3.11以後初めて開催される。

東日本大震災以来、ぴたりとハリウッドの映画スターが日本に来なくなった。震災から4ヶ月の間、まだ誰一人として来日していないのは単なる偶然ではない。誰も言葉にはしないけれど、原発事故の影響であることは間違いなく、国内でも差別が問題になっているように、日本に行くことはそのスターにとって株を下げかねないということなのだろう。
...続きを読む

2011/07/12 10:00


スタンリー・キューブリックの幻の映画『ナポレオン』が本になった

本

『2001年宇宙の旅』、『時計じかけのオレンジ』などで知られる鬼才スタンリー・キューブリックの幻の映画『Napoleon(ナポレオン)』についての本が刊行されることがわかった。タイトルは「Stanley Kubrick's Napoleon: The Greatest Movie Never Made(スタンリー・キューブリック『ナポレオン』完成することのなかった最も偉大な映画)」。
...続きを読む

2011/02/16 0:19


宇宙人の地球報告書、フレデリック・ワイズマンの作品を見る。

「モデル」

東京渋谷のユーロスペースで、フレデリック・ワイズマン監督の作品特集が開催されている。
この10月には、同じく渋谷のBunkamura ル・シネマで、ワイズマン監督の「パリ・オペラ座のすべて」公開が控えている。

ドキュメンタリー関係者にとっては高名なワイズマンだが、ワイズマン作品未見でどういう監督かと思っている方も多いかもしれない。
...続きを読む

2009/09/18 22:37


今の日本に喝を入れる番組『アプレンティス』

アプレンティス
(C) 2008 JMBP, Inc.

7月11日(土)から『アプレンティス セレブたちのビジネス・バトル』(WOWOWで土曜深夜0時から放送中)という番組が始まった。

アメリカではリアリティ・ショーと呼ばれているジャンルの番組で、ドナルド・トランプという不動産業界でかなり知られた大富豪が、14人の見習い社員たちを集め、毎週彼らに難題を要求していくというもの。毎週1人ずつ脱落者を出し、最後に残った1人が年俸25万ドルを手にすることができる。毎週最後にトランプが脱落者に浴びせる一言「君はクビだ」は全米で流行語になったとか。
...続きを読む

2009/07/12 23:51


今までになかった映画賞「映画館大賞」

映画館大賞

【映画館大賞】日本で初めて、全国の映画館スタッフが選ぶ映画賞「映画館大賞」が、3月31日(火)に発表される。2008年に封切られた800本あまりの作品の中から、洋邦、メジャーとインディペンデント、自館で上映したか否かに関わらず、純粋に「映画ファンにスクリーンで観てもらいたい」作品を10本セレクトするという。
...続きを読む

2009/03/30 5:59


新しい短編映画の見方『SHORT SHORTS Limited Collection』

SHORT SHORTS Limited Collection

【ショートショート】世界中から集まった選りすぐりのショートフィルムが気軽に楽しめるDVD『SHORT SHORTS Limited Collection』(税込525円/枚)が話題になっている。

これは、米国アカデミー賞公認「Short Shorts Film Festival & Asia」で上映された短編作品をPPV(ペイパービュー)機能付DVD(通称、1WEEK DVD)に収録したもの。PPV機能付DVDとは、ヴィジョネアが開発した技術を利用したもので、パスワードを携帯電話で取得して1週間視聴できるというユニークな方式のDVD。つまり、ユーザーはDVDに入っている作品のうち、見たい作品だけを選択して見ることができる。
...続きを読む

2009/02/23 4:54


『ターミネーター4』はシリーズ最大規模!

ターミネーター4

【ソニー・ピクチャーズ】ターミネーターシリーズ最新作『ターミネーター4』(邦題はこのタイトルで正式に決定しました)の日本公開日が来年の6月13日に決定しました。シリーズ最高の600スクリーンで上映するとのことです。

ストーリーは「舞台は2018年、核戦争後の荒廃した世界。人類と機械の壮絶な戦いが繰り広げられる中、<スカイネット>はいよいよ、生き残ったわずかな人類に対する最後の総攻撃を仕掛けようとしていた。一方、レジスタンスのリーダーとなったジョン・コナーは、過去の記憶を持っていないマーカス・ライトという謎の男と出会う。ジョンはマーカスと行動を共にし、スカイネットの活動の核心に迫ってゆくが、そこには驚愕の秘密が隠されていた。」というもの。
...続きを読む

2008/11/25 2:57


1 2