芸能ニュース・娯楽情報など、総合エンタテインメント情報サイト


舞台『8人の女たち』 女優たちが火花飛び散る真剣勝負

8人の女たち

フライヤー

背中にナイフを刺されて死んでいたマルセル家の主人。雪に閉ざされた豪邸には8人の女たちしかいない。いったい誰が犯人なのか?

フランス映画『8人の女たち』が公開されたとき、筆者はキャストのそのあまりの豪華さに思わず鼻血が出た。だってあのダニエル・ダリューが出てただけでもすごかったし、さらにカトリーヌ・ドヌーヴからエマニュエル・べアールまですごい顔ぶれだった。あの名作女性映画が、12月、舞台となって日本で上演される。

この演出を引き受けたG2は、仕事を受けるにあたって決して譲れない3つの条件を掲げた。

一つ目の条件は、台本から演出まで全部自分でやること。この戯曲は1961年に書かれたもので、それを2011年の日本らしい作品にする必要があったからだ。二つ目の条件は客席と客席の間にステージを設けること。女性たちのバトルを描いた作品なので、ステージをまるでプロレスのリングのように見立てるのが狙いである。そして三つ目の条件が、出演者の表記順を五十音順にせざるを得ないほど豪華なものにすること。いずれもクリアーしており、それはもう驚くべきキャストが集まった。

10月13日(木)の記者会見には出演者が出席。ずらりと横一列に並んだ。筆者の専門分野は映画だが、映画のキャストでもこれほど豪華な顔ぶれはなかなか見たことがない。浅野温子(50)、荻野目慶子(47)、加賀まりこ(67)、大地真央(55)、戸田恵子(54)、マイコ(26)、牧瀬里穂(39)、南沢奈央(21)。いや、正直、筆者はこれが五十音順に並んでいることに気付かなかった。五十音順にしなくとも、必然的にこうなっただろうと思われる順序である。

驚いたのはフライヤー(チラシ)の人物の配置である。ど真ん中には堂々たる大地真央の写真。年上組の加賀まりこ、戸田恵子がセンターに構える配置で、年下組の3人は下段に配置。最年少南沢奈央は一番最後で、牧瀬里穂は下段でもセンターに配置。浅野温子は一番最初に目に入る左上と、こんな具合に素っ裸の女優たちがカラフルに彩られ、見事なバランス関係が保たれているが、これがちゃんと五十音順になっているのだからびびる。いやはや偶然の生み出す相乗効果は計り知れないものがある。五十音順であれば会見の席を横一列にしたことにも合点がいく。全員が対等になるためにはそうせざるを得ないからだ。

これだけの日本を代表する女優たちが、舞台上で激しく火花を散らせて女同士のバトルを繰り広げるわけである。偉い人が上手側から出てくるといったステージの常識はここには通用しない。そもそもこの舞台には上手(かみて)も下手(しもて)も無いのだから。舞台袖で鼻をかんだり水を飲むなんてこともできやしない。大地は「この際どこから見てもよしと腹を括って、お尻をかいてもそれもひとつの演技なんだと、人間生きてるんだと、そういう気持ちで取り組みたいと思っています」と意気込んでいた。女優たちをかなりの至近距離から見ることができそうだ。

記者会見で興味深かったのは、8人の面々がまったくタイプの異なるコメントをしていたことである。ここまで性格が決裂しているメンバーも珍しい。これは楽屋裏も大変なんじゃないかと今から余計な心配までしたくなる。以下にコメントをまとめておく。

▼浅野温子

「映画見たんですけど、犯人が誰かというの全然覚えてないんですよ。G2さんの脚本を読んで初めて犯人を知ったという。じゃあ映画では何を見てたのかというと、8人の女たちを見てたんですね。女性の怖さというと、その怖さは男目線だと思いますが、でももしかしたら女性が絶対的に持っている生命力、それが怖さに見えるのかなと感じています。だからみんなそれぞれに生命力、女性の怖さが見える。誰が怖いというと、みんなどっこい生きてる。だからみんな怖いんです」

アップ画像1

▼荻野目慶子

「私がこの役のお話をいただいたとき、実はもう一人の色っぽいメイドの役を牧瀬さんがなさることを知らずに、『もう一人の色っぽいメイドがいたけど、そっちの間違いじゃないですか?』って聞きまして、『それは牧瀬さんがやります』とお聞きしてそれはそうだなって納得と反省をいたしました(会場笑)。映画の中では私の3倍大きい黒人の方が演じてましたが、なんで私が?と思って聞いてみたら『怪しいから』と言われました(会場笑)。魅惑的なキャストとスリリングな舞台を演じたいと思います」

アップ画像2

▼加賀まりこ

「まさかねえ、こんな大きな娘二人がいる母親をやろうとは思ってもおりませんでした。距離感を持つ役柄同士というのもありますから、むしろ仲良くならない方がいいんじゃないかと思っていますが(会場笑)、浅野さんと大地さんの取っ組み合いも楽しみにしています。年齢が上だから私が座長的存在というわけではなく、誰が主役でもない8人が全員主役です。この1/8になるつもりでみんなで面白いお芝居作っていきたいと思っています。私は360度お客さんがいるのも経験していますが、毎回すごく新鮮な気持ちでやらないと、近くのお客さまがうんざり顔なさるのが見えちゃうので、今初めてセリフを発するがごとくやりたいです」

アップ画像3

▼大地真央

「この本の中にはたくさんコメディ要素が入っているなと思っています。ミステリー作品ですけれども、楽しめる部分もたくさんあります。みんな怖いんですけど、みんな面白いんですよね。それぞれが怖いしそれぞれが面白い。まわりから『これはすっごい仲良くなるか、すっごい仲悪くなるかのどっちかじゃない』と言われて、私はすっごく仲良くなりながら舞台でのバトルを楽しみにしてるんですけど。舞台では本当にぶっちゃけ話ができるような雰囲気を感じています。先月パリでカトリーヌ・ドヌーヴさんに会いまして、私は興奮して『私は舞台であなたが演じたギャビーの役をやらせていただくんです』と通訳の方にフランス語に訳していただけましたら『グッドラック』と言われましたので、『ようし!』と気合いが入っております」

アップ画像4

▼戸田恵子

「意気込みは、”意気込まないこと”と思っています(会場笑)。本当に素敵な先輩の女優さんと頼もしい後輩の女優さんのいいところを沢山学びたいなと思っていて、学んだところを十分に舞台にいかせるよう、そしてそれがさも学んでいなかった自分のものだったように見せるのが私の目標です(会場笑)。劇団の研究生時代に、私以下の研究生たちは毎年『8人の女たち』をやっていました。多いときにはA班B班C班に分かれてやっていました。本当にイーブンにそれぞれ個性があって、ごく普通の人たちのように捉えています。それぞれがとても人間なんだなという。その人間らしい8人がひとつの部屋に集まると、こういうことになるという話です。とても人間味をみんなに感じています」

アップ画像5

▼マイコ

「私実は今回初舞台なんです〜。なので舞台に立つことに対して未知の世界すぎて最初動揺してしまったんですけれど、さらに共演者のみなさんのお名前を聞いてあまりにもすごいキャリアの先輩方で、『あ、私出ちゃいけない人だな』という風に思いました。それくらいすごい方とご一緒するのは光栄なことですし、なかなかないと思うので、皆さんから沢山色々なことを吸収したいと思います。客席に挟まれてのお芝居ということで、背中でも演じられるようにしたいと思います」

記者会見でもその声から本当に緊張している様子が伝わって来たが、加賀が「大丈夫よマイコさん。実際に稽古が始まったら先輩なんてこんなもんかと思うから」と安心させていた。

アップ画像6

▼牧瀬里穂

「皆様と顔合わせしたいただいたときに、後悔するのと不安な気持ちが(会場笑)。大丈夫かなと思いました。でもなんだろう、やらない後悔より、やって体当たりでぶつかって粉々に砕けるのがいいやと今思っています。これって上手と下手どうなるんですかね? 普通の舞台でも上手に行ってと言われて逆の方に行っちゃう私なのに。この混乱を演技の中に出せたらいいなと思ってやります(照れ笑い)」

ミステリー作品ということで、何か嘘をついたエピソードをおのおの話すことになり、牧瀬は、寝起きの姿で、汚いメガネをかけてちょっとコンビニに出かけたら、「牧瀬さんですよね?」と言われて「違います」と嘘をついた話をしてくれて「あのときなんてくだらない嘘ついたのかなと思いました」と話していた。いやぁ、女優さんでもコンビニに行かれるんですねぇ。

アップ画像7

▼南沢奈央

「初めて原作の戯曲を読んだときにすごく鳥肌が立つポイントがいくつもあって、読み終わったときもぞわぞわっとすごい余韻に浸っているような、まさか自分がそれに出ているとは思いもせず、なのですごくびっくりしているのですが、読んだときのゾッとしているのとか怖いっていう感覚とか、そういうことをお客さんにも伝えられるぐらいのエネルギーを持って演じられたらいいなと思います。憧れの先輩がたと共演なので、女優としてもそうですが、女性としても人間としても成長できたらいいなと思っています」

この日、寝坊して遅刻する夢を見て朝早く目が覚めてしまったという南沢は、緊張のあまり鼻血が出てしまったそうで、デビュー当時ドラマに初出演したときにも鼻血が出たこともあって、そのときの緊張が甦って来たという。

アップ画像8

『8人の女たち』は、ル・テアトル銀座にて、2011年12月9日(金)から25日(日)まで上演される。8人はこれから舞台稽古に入るわけだが、G2は「推理ものとしてスタートし、女同士が探偵となって、8人の女の正体が明かされて行く。美しいけれども愚かで恐ろしい女性像をくっきり浮き彫りにするのが私の仕事です」と話しており実に頼もしかった。どんなバトルが繰り広げられるのか、今から楽しみである。(取材・澤田英繁)

相関図1

相関図2

[PR] 戦国時代カードゲーム「秀吉軍団」好評発売中

2011/10/15 13:29

サイトのコンテンツをすべて楽しむためにはJavaScriptを有効にする必要があります。