100年前のクラシック映画から映画史を読み解く


カンヌ映画祭パルムドール・リスト (特別企画)

 フランスのカンヌ映画祭は、世界で最も華やかな祭りだといわれている。大勢のセレブたちが集まって、色々な映画を上映して映画鑑賞を楽しもうというイベントでもあり、また、映画を売り買いするための最大マーケットでもある。フェスティバルの中でもメインとなるのはコンペティション部門の上映と最優秀作品の選出。毎年国籍に関係なく20本前後の作品がコンペティション部門に出品され、その中のおよそ1本がパルムドール、すなわち最高賞に輝く(グランプリは次点扱い)。毎年10人程度の映画俳優・監督・評論家が審査委員を務める。パルムドールに輝く作品は、毎年審査委員の好みに左右されるが、それでも世界最高の賞ともいえるカンヌ映画祭を制覇することは監督たちの夢であり、目標だ。

オリジナルページを表示する