100年前のクラシック映画から映画史を読み解く


ユマ・サーマン (今週のスター)

 売れ始めてまだ10年もたたない女優なので、なにぶん出演作品が少ない。きっとこれからすごい映画に出ると考えられる。だから今すぐここで紹介してしまうのはもったいない気がしてるんだけど、彼女はこのコーナーのリクエストで第2位の人気だったので、僕も紹介したくてしょうがなかった。僕自身かなりご贔屓にしている女優だからね。ガリガリ系は大好きです。

 もともとモデル出身なので、ファッション・センスが光る。イメチェンもうまく、スタイルだけでもアッと言わせられる女優である。
 16・17歳くらいに映画デビューしているが、残念ながら当時の作品は日本では劇場未公開だ。
 日本で最初に公開された作品は奇想天外な中世ファンタジー「バロン」(89)。貝のフタが開いて、ヴィーナスが登場、そのヴィーナス役がユマだった。1年遅れで公開されたフランス文学映画「危険な関係」(88)では誘惑される清純な令嬢役を演じて注目された。

 90年代は人気が急上昇した時期。「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」(90)、「愛という名の疑惑」(92)、「恋に落ちたら…」(93)と大役が増えてくる。「カウガール・ブルース」(94)では人一倍大きな親指を持つヒッチハイカーの役を演じて、自分が本来は主役タイプであることをアピール。でも主役はなかなかこない・・・。

 まだまだマイナーなイメージがあったユマだが、「パルプ・フィクション」(94)で大きな成功をつかむ。黒髪のストレートヘア。ダークのパンツに白いブラウス。この特徴的なスタイルに驚いた。不思議な雰囲気があった。ダンスしているときのセクシーな瞳に観客たちはもうイチコロ。ヨダレブクブク汚れ役をよくぞ頑張ってくれた。「パルプ・フィクション」を見て、ユマ・サーマンのファンになった人は多い。同作はマスコミでも話題になり、ユマ・サーマンの名前は世界的に有名になった。ユマはその年のトレンドそのものであった。

 2000年には「宮廷料理人ヴァテール」「金色の嘘」でまた大昔の貴婦人役。もっとモダンな映画に出て欲しい気もするけど、それにしても色んな時代の女を演じている女優だと感心してしまう。

 結婚は90年にゲイリー・オールドマン。離婚して98年に「ガタカ」(97)で共演したイーサン・ホーク。ユマはイーサンの監督最新作にも出演する。

 Umaという名前は、チベット語で「中観派」(知らない人は百科事典で調べましょう)を意味する。日本ではユーマとかウーマとかウマとか各紙で表記は様々である。そこで僕は、アメリカ人の友達にどう発音するのが正しいのかと聞いたところ、本当は「ウーマ」なんだって。

オリジナルページを表示する