ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


目指せ長寿シリーズ『名探偵コナン』劇場版14作目公開

名探偵コナン

4月17日(土)、有楽町にて、『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』の初日舞台挨拶が行われ、レギュラー声優の高山みなみ(45)、山崎和佳奈(45)、小山力也(46)と、ゲスト声優の大橋のぞみ(10)、優木まおみ(30)が登壇した。

数々の伝説を残してきた『名探偵コナン』の劇場版はこれで14作目。テロリストにハイジャックされた世界最大の飛行船で名探偵コナン(高山みなみ)と怪盗キッド(山口勝平)が激突。空中でハラハラドキドキの心理戦が描かれる。アクションとサスペンスが見事にブレンドした内容はシリーズの真骨頂。今回はキッドと毛利蘭(山崎和佳奈)のラブコメも見どころだという。

大橋のぞみと優木まおみは、コナンの声優に挑戦しただけでなく、日本テレビの番組対抗特番にコナンの着ぐるみと一緒に出場するなど、コナンの番宣の顔としても貢献した。優木はコナンの劇場版を今まで全部鑑賞してきたほどのコナン好きで、「大好きなコナンに参加できて本当に嬉しい。自分の演技は100点とはいかなくても合格点は出せたかと思う」と一員になれた喜びを噛みしめていた。原作者、青山剛昌先生のイラスト入りサイン色紙が贈られたときには、2人とも心の底から喜んでいるようだった。

毛利小五郎役は降板した神谷明から小山力也に引き継がれ、今年は小山にとって同作初の初日舞台挨拶となった。小山はキアヌ・リーヴスやジョージ・クルーニーの吹き替えでも有名だが、何と言っても代表作は『24』のジャック・バウアー役。芸人にも真似されるお馴染みの声でお茶の間の人気者になった。あの吹き替えがなければ『24』のブームはなかったといっても過言ではない。小山はコナンの仕事をしていても、テロリストと聞くと「何!」とついジャック・バウアー的な反応をしてしまうそうで、この日は特別にジャック・バウアーの声を披露して会場を沸かせていた。

主演の高山みなみは名実ともに『名探偵コナン』がライフワークだが、彼女はこれまでに幾多のアニメで主演してきた「元祖アイドル声優」でもある。あの有名な宮崎駿監督の『魔女の宅急便』では魔女のキキと森の画家の2役を1人で演じるという他に誰も成し得なかった快挙を遂げており、彼女を最も尊敬する声優にあげるアニメファンも多い。ちなみに原作者の青山先生は元夫。別れてもコナンは長寿シリーズ目指して邁進中。高山は「来年も劇場版の製作が決定しました。来年も初日でお会いできるように、コナン一同、がんばっていきたい」と早くも来年の抱負について語っていた。

『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』は東宝の配給で、全国ロードショー中。

[PR] 戦国時代カードゲーム「秀吉軍団」好評発売中

2010/04/19 4:30

サイトのコンテンツをすべて楽しむためにはJavaScriptを有効にする必要があります。