ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


インクレディブル・ハルク

The Incredible Hulk
2008/アメリカ/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
出演:エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス ウィリアム・ハート ティム・ブレイク・ネルソン 
監督:ルイ・レテリエ
原作:ジャック・カービー、スタン・リー

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0)

『スパイダーマン』シリーズを世に送りだしたマーベル・コミックの中で、もっとも知名度が高く、人気キャラクターの1人であるハルクを演じるのは、ハリウッドでも指折りの演技派俳優・エドワード・ノートン。ノートン自ら脚本にも参加するほどの意欲作である本作は、今まで語られることの無かった、そして誰もが見たかったヒーロー=ハルクが初めて描かれるアクション・エンタテインメント超大作!

科学実験で大量の放射能を浴びたブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、その副作用により強大な力を手に入れてしまった。彼は怒りや恐怖の感情が高まると緑色の巨人“ハルク”に変身してしまうのだ。その力をコントロールできずに悩んでいたブルースは、世間から隠れるように過ごしていたが、一転、その強靭なパワーを軍事利用しようと目論む、恋人ベティ(リヴ・タイラー)の父親ロス将軍(ウィリアム・ハート)率いる軍隊から追われる身に。人として平穏な暮らしを取り戻すべくじっと耐え、ハルクになるまいと誓うブルースだったが、ある日彼のパワーを知った凶悪なテロリストがニューヨークの街を恐怖に陥れる…。宿命と葛藤するブルース。しかし彼は決意する。自分を見失っても、自分を犠牲にしても、ハルクとなり街を救うことを──。

8月1日(金)より有楽町スバル座ほか全国夏休みロードショー

エドワード・ノートンが大阪弁で舞台挨拶

【ソニー・ピクチャーズ】7月29日(火)、有楽町の日劇1にて、『インクレディブル・ハルク』のスペシャルジャパンプレミアが開催、来日したハルク役のエドワード・ノートンと恋人役のリヴ...


インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク

(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

シネマコミュニティ



最新の記事