ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


シティ・オブ・メン

Cidade Dos Homens
2007/ブラジル/アスミック・エース/106分
出演:ダルラン・クーニャ ドグラス・シルヴァ ジョナタン・ハーゲンセン エドワルドBR ロドリゴ・ドス・サントス カミラ・モンテイロ マイナ・シルヴァ 
監督:パウロ・モレッリ
製作:フェルナンド・メイレレス

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0) 予告を見る

『シティ・オブ・ゴッド』では描けなかった、もう1つの真実
世界で一番陽気な地獄"ファヴェーラ" 生き抜くには銃か友か

ブラジル人ですら恐怖を抱くファヴェーラの丘、デッド・エンド・ヒルでは丘の領域をめぐりギャングの抗争が起こっていた。そこで幼い頃から本物の兄弟のように育った2人──2歳の息子の父親アセロラと、父親を知らずに育ったラランジーニャ。2人が18歳になる年、長い間行方不明だったラランジーニャの父親が現れ、2人の関係が急激に変わり始める。父との生活を優先したくなったラランジーニャはアセロラと距離を置くようになる。アセロラはギャングの抗争に捲き込まれ、自分の父親がラランジーニャの父親に殺されたことを知る。そしてファヴェーラに火が放たれ銃撃戦が始まる......。2人の友情は現実に引き裂かれてしまうのか?陽気な地獄を生き抜く術は、銃か、友か、それとも......

2007年ロンドン国際映画祭 正式出品作 
2008年ベルリン国際映画祭正式出品作
日本ブラジル交流年事業認定

8月9日(土)渋谷シネ・アミューズ ほか全国ロードショー

パウロ・モレッリ

『シティ・オブ・メン』パウロ・モレッリ監督インタビュー 

ブラジル、ファヴェーラでのギャングの抗争を描いた『シティ・オブ・メン』。8月9日に公開が控え、パウロ・モレッリ監督に話を聞くことができた。

『シティ・オブ・メン』パウロ・モレッリ監督来日記者会見 

5月28日(水)青山。ブラジル大使館にて、『シティ・オブ・メン』の記者会見が開かれ、監督のパウロ・モレッリが登壇した。 今年は日本ブラジル移住100周年を記念した「日本ブラジ...


シティ・オブ・メン

シティ・オブ・メン

(C) 2007 O2 Cinema Ltda. All rights reserved.

シネマコミュニティ



最新の記事