ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

Charlie Wilson’s War
2007/アメリカ/東宝東和
出演:トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ フィリップ・シーモア・ホフマン エイミー・アダムス ジャド・テイラー エミリー・ブラント シリ・アップルビー ネッド・ビーティー 
監督:マイク・ニコルズ

偏差値:43.6 レビューを書く 読者レビュー(1)

■9.11の一因とも言われる驚くべき秘密工作を描いた衝撃作!
1979年、アメリカと冷戦状態にあったソ連のアフガニスタン侵攻。下院議員であるチャーリー・ウィルソンはそのニュースを知り、アフガニスタンを悲惨な状況から救うため、さまざまな駆け引きと人脈を使い、「アフガン反乱軍への武器供給」という極秘作戦を行った。その結果、ソ連はアフガニスタン撤退を余儀なくされ、さらには冷戦終結にまでつながっていく。だが、アメリカ政府からの援助があったおかげでイスラム原理主義はゲリラ戦法を習得。その後はタリバンと化し、オサマ・ビン・ラディン率いるアルカイダにつながっていく…。この9.11の一因とも言われる、アメリカのアフガン支援の事実が注目されたのは全米の著名ジャーナリスト、ジョージ・クライルがCBSの人気番組特集がきっかけだった。

5/17(土)、日劇1ほか全国ロードショー


チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

(C)2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

シネマコミュニティ



最新の記事