ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


草原の椅子

2013/日本/東映
出演:佐藤浩市 西村雅彦 吉瀬美智子 
監督:成島出
原作:宮本輝
脚本:加藤正人、奥寺佐渡子、真辺克彦、多和田久美、成島出
エグゼクティブプロデューサー:原正人
http://www.sougennoisu.jp/

偏差値:54.9 レビューを書く 読者レビュー(2)

遠間憲太郎はカメラメーカーの営業局次長として働くサラリーマン。すでに妻とは離婚しており、20歳になる娘と一緒に暮らしていた。ある出来事をきっかけに、取引先である「カメラのトガシ」の社長・富樫との間に友情が芽生える。社会に出て50歳を過ぎてから新たにできた友人の存在に最初はとまどっていたが、富樫のまじめかつ寛大な性格に親近感を抱き、心を通わすようになる。互いに本音を語り合う中で、2人はこれからの人生をどう歩んでいくのかを模索していくようになる。そんな折、2 人は母親に虐待され心に傷を負った4歳の幼い少年・圭輔と出会う。他人になかなか心を開かない圭輔だったが、遠間が密かに想いを寄せる器屋のオーナーの貴志子には自然に懐き、次第に遠間たちにも打ち解けるようになる。だが圭輔は、将来 へ不安を残すほどの大きな傷を抱えていることに変わりなく、そのことに遠間たちは心を痛めていた。ある時遠間は、富樫の店で不思議な写真と出会う。草原に椅子がぽつんとある、ただそれだけの写真なのになぜか心に突き刺さった。その写真に心を動かされた遠間たちは、圭輔や自分たちの生きる道を探すため、「世界最後の桃源郷」と呼ばれるフンザへと旅立つ決意をする。広大無辺の大地を目指した旅の果てに、それぞれが手にするものは――。

2013年2月23日(土) 全国ロードショー


草原の椅子

(C)2013「草原の椅子」製作委員会

シネマコミュニティ



最新の記事