ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~

2011/フランス/GAGA/92分
出演:マチュー・アマルリック イザベラ・ロッセリーニ 

監督:マルジャン・サトラビ、ヴァンサン・パロノー
http://chicken.gaga.ne.jp

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0)

 最期の8日間で、人生を振り返るナセル・アリ。空っぽな音だと叱られた修業時代。絶大な人気を得た黄金時代。 誤った結婚、怖くて愛しい母の死。大好きなソフィア・ローレンとチキンのプラム煮。そして今も胸を引き裂くのは、 叶わなかった恋。やがて明かされる、聴く者すべてが涙する奇跡の音色の秘密とは─?
 コミカルとロマンティック、リアルとファンタジーを行き来する独自の世界観が導くのは、様々な味わいが楽しめる 映像のフルコース。けれど最後に私たちを待っているのは、甘酸っぱい本物の人生の味─。

 14歳で故国を離れ、波乱の青春を送ったアーティスト、マルジャン・サトラピ。自伝的コミックを自ら映画化した『ペルセポリス』で、カンヌ国際映画祭審査員賞に輝いた彼女が、再び自身 のコミック「鶏のプラム煮」の、今度は実写映画化に挑んだ。前作に続き、共同監督はヴァンサン・パロノー。主演は、『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリック。『ブルーベルベット』 のイザベラ・ロッセリーニ、『そして僕は恋をする』のキアラ・マストロヤンニら、ヨーロッパが誇る永遠のミューズが艶やかな華を添える。

11月10日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他にて、全国順次ロードショー!


チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~

(C)2011 Celluloid Dreams Productions – The Manipulators – uFilm Studio 37 – La Pacte – Arte France Cinema – ZDF/Arte – Lorette Productions-Film(s)

シネマコミュニティ



最新の記事