ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


桐島、部活やめるってよ

2012/日本/ショウゲート
出演:神木隆之介 橋本愛 大後寿々花 
監督:吉田大八
原作:朝井リョウ
脚本:喜安浩平、吉田大八
主題歌:高橋優
http://kirishima-movie.com

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0)

本作は、朝井リョウが、大学在学中に第22 回小説すばる新人賞を受賞した同名のベストセラー小説の映画化。監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。普通の青春映画とは一線を画す、残酷さや不穏さをはらみながら、それでも希望へ向かう「今」の時代の青春映画が完成した!

【STORY】 
全員、桐島に振り回される・・・
ありふれた時間が校舎に流れる、「金曜日」の放課後。学校内の誰もが認める“スター”桐島が、部活を辞めるというニュースが校内を駆け巡った。桐島の親友・宏樹や、彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、あらゆる部活、クラスの人間関係に波紋が広がっていく。時間軸と視点を変えて同じシーンを何度も繰り返して進んでいくストーリーは、桐島不在のまま展開。「桐島って誰?」「桐島ってどんな人?」と観客までを巻き込み、登場人物さながら、観客もまた、最後まで桐島に振り回されていく。

天才・神木隆之介はもちろん、高校生キャストが全員耀く見事なアンサンブル
キャストは、コミカルな間合いさえ自然にものにする天才俳優・神木隆之介が映画部・前田役で主演。宏樹には映画初出演の東出昌大。前田が憧れるヒロインかすみには、今映画界が最も注目する女優・橋本愛。宏樹に切ない想いを寄せる吹奏楽部の沢島に大後寿々花。ほかにも600人を超えるオーディションから選抜されたフレッシュな才能が全員輝きを放ち、閉塞された世界で生きる若者達の息づかいがリアルに体現されている。

8月11日 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

業界史上初か。スタンディングオベーションに迎えられた初日舞台挨拶『桐島、部活やめるってよ』

業界史上初か。スタンディングオベーションに迎えられた初日舞台挨拶『桐島、部活やめるってよ』

8月11日(土)新宿にて、『桐島、部活やめるってよ』が公開初日を迎え、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ら12名のメインキャストと吉田大八監督が舞台挨拶を行った。


桐島、部活やめるってよ

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

シネマコミュニティ



最新の記事