ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


ダーク・シャドウ

Dark Shadows
2012/アメリカ/ワーナー・ブラザース
出演:ジョニー・デップ エヴァ・グリーン ミシェル・ファイファー ヘレナ・ボナム・カーター ジョニー・リー・ミラー クロエ・モレッツ ガリバー・マクグラス ジャッキー・アール・ヘイリー ビクトリア・ウィンター 
監督:ティム・バートン
http://www.darkshadow.jp

偏差値:56.2 レビューを書く 読者レビュー(2)

1960年代人気を誇る往年のTVシリーズを基にオールスターキャストで映画化
ジョニー・デップ&ティム・バートン監督の最強タッグが贈るブラック・ファンタジー

ジョニー・デップとティム・バートンの8度目となる意欲作。
1960年代に放映された人気テレビシリーズを映画化。
バーナバス・コリンズはフラれた魔女の復讐を受け、最愛の人を失い、ヴァンパイアとなって生き埋めにされてしまう。それから200年後、あるきっかけで目覚めたバーナバスは、没落したコリンズ家の人々と出会い、共に復興を目指す。しかしそこには再び魔女の手が迫るのだった。

ティム・バートン監督がジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーターなどオールスターキャストを率い、60年代に放映された人気シリーズ『ダーク・シャドウ』を、満を持して映画化。

1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。しかしながら彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。それから20年が経ち、バーナバス(ジョニー・デップ)は世界を手中に収めていた。とはいっても少なくともメイン州、コリンズポートの町は、である。コリンウッド荘園の所有者であるバーナバスは裕福、かつ有力で、またアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)を失恋させるという致命的な間違いを犯すまでは救いようのないプレイボーイであった。“魔女”という言葉が持つ全ての意味においてまさしくそのとおりであるアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだった。
それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった彼の土地はすっかり朽ち果てていた。コリンズ家のまともでない末裔らはその落ちぶれた土地同様で、それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きている。エリザベス・コリンズ・スタッダード(ミシェル・ファイファー)は一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)を呼び入れる。
ここの住民は他に、エリザベスの怠惰な兄弟ロジャー・コリンズ・スタッダード(ジョニー・リー・ミラー)、エリザベスの反抗的な10代の娘、キャロリン・コリンズ・スタッダード(クロエ・モレッツ)、そしてロジャーの早熟な10歳の息子、デイビッド・コリンズ・スタッダード(ガリバー・マクグラス)がいる。この家族の不可思議な謎は彼らにだけでなく血縁関係にない者たち、ジャッキー・アール・ヘイリーが演じる世話人ウィリー・ルーミスや、ベラ・ヒースコート演じるデイビッドの新たなベビーシッターのビクトリア・ウィンターにも降りかかる。

2012年5月19日全国公開

『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップがまた新たな歴史を作った

『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップがまた新たな歴史を作った

5月12日(土)、『ダーク・シャドウ』のキャンペーンのため、ジョニー・デップとティム・バートン監督が同作のジャパンプレミアに登場した。


シネマコミュニティ



最新の記事