ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


愛と誠

2012/日本/角川映画・東映
出演:妻夫木聡 武井咲 斎藤工 大野いと 安藤サクラ 前田健 加藤清史郎 一青窈 余貴美子 伊原剛志 市村正親 
監督:三池崇史
原作:梶原一騎・ながやす巧
脚本:宅間孝行
音楽:小林武史
振付:パパイヤ鈴木
http://aiandmakoto.jp/

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0)

梶原一騎・ながやす巧原作による伝説のコミックが、ジャンルのボーダーを軽々と超えて精力的に作品を発表し続ける天才監督、三池崇史 によって完全映画化。炎のように燃え上がる熱い青春の物語を描き切る。

“運命の恋”を彩るのは魂が込められた音楽だ。世代を超えた名曲をアレンジし蘇らせたのは小林武史。そして躍動感あふれる振り付けを担当したのはパパイヤ鈴木。ふいに差し込まれるキャスト達の豪華な歌と踊りが、ドラマチックな物語をさらに加速していく。

鋭い眼光を放ちながらも心の奥底には優しさを隠し持つ不良・誠役には、妻夫木聡。新たな魅力を炸裂させている。一方、空回りすらも愛おしくなるヒロイン像を魅せる愛役に、CM、ドラマなどで今最も注目を集める武井咲。はじめての映画出演とは信じがたいほど、見事なコメディエンヌぶりを発揮している。

岩清水役の斎藤工、静かな迫力を醸し出す女生徒に大野いと、恋するスケバン役の安藤サクラ など、その存在感に注目が集まる若手から、市村正親、余貴美子、伊原剛志 ら実力派のベテラン俳優が揃い踏み。また圧巻の歌声を披露する一青窈、妻夫木の幼少期を演じる加藤清史郎など、意外なキャストも集結。

日本映画屈指のスタッフとキャストが揃い、心揺さぶるアクションとドラマが融合、ハードな描写のなかにロマンチックが息づく、究極の純愛エンタテイメントが完成した!!

【ストーリー】

過去への復讐を胸に東京にやってきた超不良の誠。東京でも屈指の名家のひとり娘で、正真正銘のお嬢様である愛。天と地ほどに何もかも違う“美女と野獣”ともいうべきふたり、だがそこには“運命の恋”があった―。

愛に一方的な思いを寄せ「君のためなら死ねる―!」とエネルギッシュに叫ぶメガネ優等生・岩清水や、誠に目をつける番長&スケバングループまでもが加わり、全員が純愛へと暴走するカオス状態に。何があってもへこたれない愛のどこまでも惜しみない愛情は、かたく閉ざされた誠の心の扉を開けることができるのだろうか!?

6月16日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー!


愛と誠

(C)2012『愛と誠』製作委員会

シネマコミュニティ



最新の記事