ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


八日目の蝉

2011/日本/松竹/147分
出演:井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 市川実和子 平田満 劇団ひとり 余貴美子 田中泯 風吹ジュン 
監督:成島出
http://www.youkame.com

偏差値:58.6 レビューを書く 読者レビュー(1)

優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。
角田光代の衝撃のベストセラー、ついに映画化!
心揺さぶるヒューマン・サスペンスの最高峰

不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去った女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま成長した恵理菜は、ある日自分が妊娠していることに気づく。相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。封印していた過去と向き合い、かつて希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が見つけた衝撃の真実。そして、恵理菜の下した決断とは…?  

直木賞作家・角田光代が手掛けた初の長編サスペンスであり、最高傑作の呼び声高い「八日目の蟬」。累計150万部目前のベストセラー小説を成島出監督が映画化。今までのイメージを覆す難役に挑む主演の井上真央を始め、永作博美ら名だたる実力派俳優たちが共演する衝撃作。

4月29日(金・祝)全国ロードショー!!

日本アカデミー賞授賞式『八日目の蝉』井上真央と永作博美がダブル受賞

日本アカデミー賞授賞式『八日目の蝉』井上真央と永作博美がダブル受賞

井上真央主演作『八日目の蟬』が10部門を制覇した第35回アカデミー賞授賞式のレポートと楽しみ方など。

井上真央ら美女4人が悩みに悩み抜いてできた衝撃作『八日目の蝉』公開

井上真央ら美女4人が悩みに悩み抜いてできた衝撃作『八日目の蝉』公開

2011年4月29日(金・祝)、有楽町にて、『八日目の蝉』の初日舞台挨拶が行われ、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、渡邉このみ、成島出監督が登壇した。


シネマコミュニティ



最新の記事