ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


ザ・ファイター

2010/アメリカ/ギャガ
出演:マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベール エイミー・アダムス メリッサ・レオ 
監督:デヴィッド・O・ラッセル
http://thefighter.gaga.ne.jp/

偏差値:54.5 レビューを書く 読者レビュー(1)

どん底から、頂点へ──。
夢と嘲笑(あざわら)われた世界チャンピオンを目指して、全力で闘った兄弟の、奇跡の実話。


ボクシング史上最もエキサイティングな試合の一つだと讃えられる伝説の世界タイトルマッチで、人々の心に深くその名を刻み込んだ兄弟がいる。
実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードと、彼の兄のディッキー・エクランドだ。

だが、栄光へ至るまでの遠く長い道のりで、何度も打ちのめされる彼らの姿を目にした時、我々はその天と地ほどの変貌ぶりに驚愕せずにはいられない。
兄のディッキーは天才肌のプロボクサーで、誰もが知る伝説的ボクサーのシュガー・レイからダウンを奪ったことが最大の自慢。
ユーモアに溢れた性格で、街の人々からも愛されていたが、欲望に弱く怠惰な性格から麻薬に溺れ、ケチな窃盗やケンカを繰り返し、遂には監獄送りとなる。
弟のミッキーは、そんな兄と過保護な母親がいなければ、何もできない男だ。無計画な彼らに言われるままに不利な対戦を重ね、一度も勝利できない。
そんな兄弟が一体どうやって、栄光をつかむことが出来たのか。そして彼らが乗り越えてきたものとは──? 『ザ・ファイター』は、人生の暗闇でも陽気に笑い続ける兄と、光に憧れ続けた弟が、一度は決別しながらも、再び力を合わせて世界チャンピオンを目指す姿を描いた感動の実話。
製作に加わりながら、何年もかけてトレーニングを重ねミッキーになりきったのは、『ディパーテッド』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマーク・ウォールバーグ。
鍛え上げた肉体で、迫真のボクシングシーンを披露する。また彼の兄ディッキーに扮するのは、『ダークナイト』のクリスチャン・ベール。
大幅に減量し、髪を抜き、歯並びを変えた感動的なまでの怪演で、ゴールデン・グローブ賞を始め、本年度の賞レースで助演男優賞を総ナメにしている。このままアカデミー賞でも、嵐を巻き起こす勢いだ。
その他、ミッキーの恋人で、彼を“クレイジーな家族から引き離す”と母親と兄姉たちに宣戦布告するシャーリーンに、『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス、息子たちを愛が故に強烈に支配する母親アリスには、『フローズン・リバー』のメリッサ・レオなど、新旧の演技派が顔を揃えた。
兄弟の実人生を綿密に調べ、いくつもの起伏に満ちた物語を書き起こしたのは、『8mile』の脚本家スコット・シルヴァー。アドレナリンを限界まで引き上げるファイティングシーンと、魂を殴り合うような激しい兄弟愛で観る者を圧倒する監督は、『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。
2011年、ダメな男たちの魂の闘いが、あなたの人生を熱く燃えあがらせる──。


STORY
愛する家族のため、そして自分自身のため、人生をかけて全力で闘った兄弟の感動の実話!
ディッキー(C・べール)は町の期待を一身に背負う名ボクサーだが、その短気で怠惰な性格から破綻した毎日を送っている。一方、異父弟のミッキー(M・ウォールバーグ)もボクサーだが、兄とは正反対の地道な性格。兄と母アリス(M・レオ)から言われるがままに試合を重ねるが、どうにも勝利を収めることが出来ない。そんなある日、ディッキーが薬物に手を出し、遂には監獄送りに。どん底まで落ちた兄の姿、そして断絶する家族の絆。2人が目指していた世界チャンピオンなど、夢のまた夢だと思われた・・・。しかし、恋人シャーリーン(エイミー・アダムス)の支えもあり、ミッキーはもう一度リングに上がる決意をする。次第に連勝を重ね始めるミッキーと、それを監獄から見守る兄。そしてミッキーが世界タイトルマッチへの切符を手に入れた頃、ようやくディッキーが出所する。初めて本音を激しくぶつけ合い、魂と魂で殴り合った兄弟は、再び二人三脚で世界の頂点を目指し始める。

3月26日(土)より丸の内ピカデリー他全国順次公開!


ザ・ファイター

(C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.

シネマコミュニティ



最新の記事