ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


エクスペリメント

The Experiment
2010/アメリカ/日活
出演:エイドリアン・ブロディ フォレスト・ウィテカー キャム・ギガンデット クリフトン・コリンズJr. マギー・グレイス 
監督:ポール・シェアリング

偏差値:57.5 レビューを書く 読者レビュー(1)

1971年、アメリカのスタンフォード大学 心理学教授フィリップ・ジンバルドー博士は、刑務所を舞台にして普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまうことを証明しようとした実験を行った。14日間、看守役と囚人役に分かれて演じること。看守役の被験者は次第に支配的・攻撃的に、囚人たちは受動的・服従的になっていき、ついには囚人役の何人かが重度の情緒不安定に陥り、わずか6日で中止となったこの研究はスタンフォード監獄実験として知られる。本作は2001年世界を震撼させヒットした『es』と同様、この実際に全米で大問題となった有名な心理学の実験を、「プリズン・ブレイク」の脚本・監督ポール・シェアリングとオスカー俳優エイドリアン・ブロディ、フォレスト・ウィテカーほかハリウッドの一流スタッフ・キャストで描いた傑作。

【STORY】  人間とは本質的に善なのか悪なのか?
トラビス(エイドリアン・ブロディ)はデモで出会ったベイ(マギー・グレイス)と恋に落ちる。職を失ったばかりのトラビスはベイとインドへ旅行するため、14日間ある実験に参加すれば報酬1日1000ドルもらえるという被験者募集の広告をみて選考に参加することに。おとなしく誠実なカトリック教徒バリス(フォレスト・ウィテカー)、冴えないグラフィック・ノベル・ライターのベンジー(イーサン・コーン)、女好きのチェイス(キャム・ギガンデット)ら小人数の男たちがトラビスとともに選ばれた。その実験は単純なものだった。刑務所で「看守役」と「囚人役」に分かれルールにそって過ごすこと。しかし実験が進むにつれて看守たちは囚人に対しモラルを超えた攻撃・支配を行うようになる。そして、囚人役のリーダー的存在のトラビスと、看守役という立場でエスカレートした虐待を行うようになり豹変していくバリスが対立する。それを見守る多数の監視カメラ。この実験の行方はどうなるのか?

12/4(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー


エクスペリメント

(C)2010Experiment Film Holdings LLC.All Rights Reserved.

シネマコミュニティ



最新の記事