ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

2009/スウェーデン/ギャガ/153分
出演:ノオミ・ラパス ミカエル・ニクヴィスト スヴェン・バーティル・トープ ステファン・サウク 
監督:ニールス・アルデン・オプレウ
http://millennium.gaga.ne.jp/

偏差値:55.9 レビューを書く 読者レビュー(3)

孤島に封印された、少女失踪事件の謎・・・
すべてが型破りなミステリー史上最強ヒロイン誕生!

全世界で40カ国以上で翻訳、「ダ・ヴィンチ・コード」を超え、今世紀最大のミステリーと絶賛され、2100万部を売り上げて社会現象になった話題作が遂に映画化!

北欧スウェーデン発の壮大なトリロジーは、映画化とともにたちまち世界各国で驚異の大ヒット。原作者で本作が処女作となるスティーグ・ラーソンは、出版前年に心筋梗塞で他界し、彗星のごどく登場し去った巨匠として、彼自身が<伝説>となった。

さらにクエンティン・タランティーノがブラッド・ピット主演でハリウッドリメイクを熱望するなど、世界中に熱狂的ブームを巻き起こした衝撃作が、この冬、日本を震撼させる!


STORY

スウェーデン、ストックホルム。大企業ヴァンゲル・グループ一族が住む孤島で、40年前ひとりの少女が忽然と姿を消した。グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが事件の調査を依頼したのは、裁判で有罪となり失業中の記者ミカエル。調査の過程で彼は、鼻ピアスと背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカー・リスベットと出会い、さまざまな秘密を明らかにしていく。
そして、ひとりの少女失踪事件から、大富豪ヴァンゲル一族の深い闇と過去に隠されたおぞましい罪があぶりだされていく。


シネマコミュニティ



最新の記事