ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


山形スクリーム

2009/日本/ギャガ・コミュニケーションズ
出演:成海璃子 AKIRA マイコ 竹中直人 桐谷美玲 紗綾 波瑠 温水洋一 生瀬勝久 由紀さおり 沢村一樹 
監督:竹中直人
http://yamagatascream.gyao.jp

偏差値:56.5 レビューを書く 読者レビュー(2)

落ち武者さん、人違いです。告られても迷惑です!

監督竹中直人の野望(無謀)がついに実現!
笑撃度200%超えの絶叫エンタメムービーで世界を震撼させる!

『無能の人』( 91年)で監督デビューを果たしてから 18年、これまでさまざまな人間たちのドラマをユニークな視点から静かに見つめ、異才として高く評価されてきた映画監督・竹中直人。しかし、今回は超・娯楽大作の製作に挑戦。
プロデューサーから与えられた女子高生というお題を軸に、山形県のヘンテコなうお題を軸に、山形県のヘンテコな村で落ち武者の亡霊に女子校生が恋される、愛あり、友情あり、感動あり、そしてバトルありのとでづもねぇ絶叫エンタメ・ムービーを完成させた。それが『山形スクリーム』だっっっ!

 都立紅くれない女子高校歴史研究会の美香代(成海璃子)、宙子、圭、胸恵は、顧問の勝先生(マイコ)と共に落ち武者の里として知られる山形県・御釈ヶ部(おしゃかべ)村へ。ヘンテコなその村では、ちょうど落ち武者の霊が眠ると言われる祠(ほこら)を倒すイベントの真っ最中。村の床屋・三太郎(AKIRA)が「たたりに会うぞ!」と騒ぐも呆気なく却下。無残にも掘り起こされた祠からは、本当に落ち武者たちが復活してしまう !!!村人たちを次々と襲う落ち武者たち。そして、その侍頭・葛貫忠経(つづらぬきただつね)(沢村一樹)が生前愛していた官女・光笛(みつぶえ)に瓜二つの美香代までさらってしまう。生き残った女子高生たちと三太郎は美香代を救うべく恐怖の落ち武者たちと壮絶なる闘いに挑むのだが …!

 自他ともに認める映画マニアの竹中監督らしく、徹底的なこだわりを本作にもみせている。舞台となる御釈ヶ部村の村人たちのぶっ飛んだキャラクター設定、ホラーテイストを踏襲しつつもポップでキュートな衣装デザイン、随所に炸裂する竹中印のギャグの数々、『ブレードランナー』や『死霊のはらわた』などのオマージュ、そして、思わず手に汗握るアクションシーンの連続。そんな娯楽性を追及した映画でありながらも、勇気や友情の大切さ、時代を超えた切ない恋物語、父娘の絆といった人間味溢れるドラマもしっかり織り込まれているのも竹中作品の魅力だ。

 そして、どのジャンルにも当てはまらないこの竹中・ワールドを完成させる為に、若手実力派からベテラン俳優まで個性豊かな豪華キャストが大集結した。主人公の女子高生・美香代と光笛の二役を演じるのは、若干 16歳でありながら女優として強烈な存在感を放つ成海璃子。家族の問題で影を見せながら、叫び、怯え、そして必死で逃げ回るという女子高生の役を、シリアスでありながらコメディの要素を絶妙なバランスで取り入れ見事に演じきっている。また、平家の落ち武者の侍頭である忠経にユニークな言動と確かな演技力で、今やワン&オンリーな存在となった沢村一樹、伝説の祠を守ってきた青年・三太郎に最近俳優の才能もめざましいEXILEのパフォーマー、AKIRA、そして理想の花婿を追い求める教師・勝海子に『山のあなた徳市の恋』で鮮烈なスクリーンデビューを果たしたマイコ。さらに女子高生役の桐谷美玲、紗綾、波瑠のティーン誌やグラビア誌などで大活躍の3人をはじめ、温水洋一、生瀬勝久、岩松了、田中要次、緋田康人、斉木しげる、テビット伊東、石橋蓮司らが独特の存在感を発揮している。

腰が抜ける!アゴが外れる!腹筋が痛い!
今夏、細胞レベルに染み渡るこの笑撃作に列島絶叫!




ストーリー

愛?友情?ま、とりあえず勇気!
女子高生VS落ち武者の壮絶バトルの行方は?

都立紅女子高校の2年生・岡垣内美香代(おかがいとみかよ)(成海璃子)は、一昨年母親を亡くした。が、父親・今朝明(こんちょうめいあきら)(岩松了)は外国人女性、ケイシー(クリスタル・ケイ)とアッという間に再婚。そんな新しい家族に反抗する美香代は、歴史研究会の合宿に参加をすることに。

 行く先は山形県の御釈ヶ村(おしゃかべむら)。 800年前、壇の浦の戦いの後、源氏に追われた平家の侍頭・葛貫忠経(つづらぬきただつね)(沢村一樹)が、愛する建礼門院の官女・光笛(みつぶえ)(二役:成海璃子)とともに流れついた。部下たちは海に沈み、後は山崎田内左衛門(やまざきでんないざえもん)(竹中直人)ひとりが残るのみ。

しかし、この御釈ヶ村で彼らは落人狩りにあってしまい、葛貫も山崎も殺されて、光笛もどこかに連れ去られてしまった。そんな哀しい恋物語を無理やりこじつけた縁結びの伝説に花婿大募集中の顧問・勝海子(かつかいこ)先生(マイコ)はうっとりと聞き入っている。それに対し、そんな話には興味がない美香代やティーン誌の読者モデルの鏑木宙子(かぶらぎちゅうこ)(桐谷美玲)、メカ好きの改造マニアの敏酒圭(びんしゅけい)(紗綾)、ゴス・パンク系ファッションで不良少女を気取る波来前胸恵(はらいぜんむなえ)(波瑠)らは、バスの中ですでに爆睡状態だ。

 そんな中、落ち武者のコスプレをした村人たちに連れられて、その伝説発祥の祠に向かうと、観光キャンペーンの一貫として‘祠倒し’のイベントの真っ最中。なんと蝦蟇且(がまかつ)村長(生瀬勝久)は、将来縁結びのテーマパークを建設するため、ここに“スーパー祠 ”を建てようとしていたのだ。代々、祠を守ってきたという村の床屋・与藻須賀三太郎(よもすがさんたろう)(AKIRA)が「おまえら、葛貫様のたたりに会ってもしねぇど!」と体を張って阻止するが、あっけなく却下!しかも、ブルドーザーが迫る祠には手を合わす三太郎の祖母・トメコ(由紀さおり)の姿が!最初の一撃の寸前に美香代がトメコを救うも、祠は無残にも掘り起うも、祠は無残にも掘り起こされてしまう。

 旅館に帰った研究会一同。勝先生に落ち武者伝説についてレポートを命ぜられるも全員放棄。美香代は散歩にでかけることにした。すると、偶然、三太郎とトメコに出会い先ほどのお礼に手料理をと家に招かれる。両親を亡くし徘徊癖のある祖母と二人暮しの三太郎、変わりゆく家庭を受け入れられない美香代。自分たちの寂しさを打ち明けることで 2人はお互いの距離が縮まるのを感じるのだった。 そして、その夜 —。祠の跡地からとうとう葛貫が蘇った!

そして、家来の山崎、海に沈んだ伊東丹波成定(いとうたんばなりさだ)(石橋蓮司)・
藤本権田影頼(ふじもとごんだかげより)(斉木しげる)、夏彦(デビット伊東)らも葛貫のもとに集結する。 800年の恨みを晴らす時が来た。村を征伐し全ての者を地獄へ突き落とせ!と命ずる葛貫。しかも、殺生嫌いの夏彦が殺した村人たちをゾンビとして生き返らせると、そのゾンビ達も他の者を襲い始める!恐怖の連鎖が村中へと広がっていく …!
 そして、ついに女子高生たちも追い詰められる …が、葛貫は美香代を見て愕然とする。なんと彼女は光笛に生き写しだったからだ。葛貫は、今こそ夫婦として結ばれようと、逃げる美香代をあっという間にどこへとさらってしまう。

 一方、パニックとなった村から、命からがら逃げ出した宙子、圭、胸恵だったが、美香代とはぐれたことに気づき騒然となる。しかし勇気を奮い友達を助けると決断。勝先生、三太郎らと、改造トラクターに乗って農具を武器に果敢に戦い始める。しかし、
どんなに闘っても、絶命しない夥しい数の敵。しかも、勝先生は皆を助けようと自ら犠牲となりゾンビになってしまった!絶望的な状況の中、死闘を続けるしかない三太郎たち。果たして美香代を助け出す術を見つけ出せるのか …?

 その頃、美香代は葛貫に連れられ村はずれの小鴨寺にいた。そこは、生前、源氏につかまる前に二人が自害しようとした場所。遂に光笛と一緒になれると嬉しそうな葛貫。その一方で「私は光笛じゃない!」と恐怖の求愛に激しく抵抗する美香代。受け入れれば、死を持って葛貫と“永久の夫婦 ”になってしまう ……。 
はたして、三太郎たちのバトルの行方は?美香代は無事に助かるのか?そして、
葛貫の悲恋の結末は…?

8/1よりシネリーブル池袋ほか全国ロードショー

セーラー服VSゾンビ集団『山形スクリーム』

セーラー服VSゾンビ集団『山形スクリーム』

2009年7月23日(木)、有楽町にて、『山形スクリーム』の完成披露試写会があり、監督の竹中直人、出演の成海璃子、AKIRA、マイコ、沢村一樹が登壇した。


山形スクリーム

(C) 2009映画「山形スクリーム」製作委員会

シネマコミュニティ



最新の記事