ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


愛を読むひと

The Reader
2009/アメリカ/ショウゲート
出演:ケイト・ウィンスレット レイフ・ファインズ デヴィッド・クロス レナ・オリン アレクサンドラ・マリア・ララ ブルーノ・ガンツ 
監督:スティーヴン・ダルドリー
製作:アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック、ドナ・ジグリオッティ、レッドモンド・モリス
原作:ベルンハルト・シュリンク
脚本:デヴィッド・ヘア
撮影:クリス・メンゲス
音楽:アルベルト・イグレシアス
http://www.aiyomu.com/

偏差値:58.5 レビューを書く 読者レビュー(2)

答えのない愛を、名作に込めて読んだ
少年の日の恋が、無償の愛へと変わるまでを描く、至高のラブストーリー

1958年、大戦後のドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、年上の女性ハンナ(ケイト・ウィンスレット)と激しい恋に落ちた。ハンナはマイケルに本の朗読を頼み、いつしかそれが二人の愛の儀式となる。

しかし突然、ハンナは姿を消してしまう。8年後、衝撃の再会が待っていた。法学生のマイケルが傍聴した裁判で見たのは、戦時中の罪を問われるハンナだった。ハンナは、ある秘密を隠し通すために不利な証言を認め、自分だけ無期懲役の判決を受ける。自由を犠牲にしてまで隠したい秘密とは、いったい何だったのか?

時は流れ、ハンナとの出逢いから20年。結婚と離婚を経験したマイケル(レイフ・ファインズ)は、彼女の最後の朗読者になることを決意し、朗読を吹き込んだテープを刑務所に送り続けるのだが……。

『愛を読むひと』ジャパンプレミアにケイト・ウィンスレットが登場?

『愛を読むひと』ジャパンプレミアにケイト・ウィンスレットが登場?

2009年6月10日(水)、恵比寿にて、『愛を読むひと』のジャパンプレミアが行われ、スティーヴン・ダルドリー監督が出席。ケイト・ウィンスレットもこれで初来日というが??

「めざにゅ〜」杉崎美香が『愛を読むひと』朗読イベントに出席

「めざにゅ〜」杉崎美香が『愛を読むひと』朗読イベントに出席

6月4日(木)、有楽町で行われた『愛を読むひと』の試写会イベントに、「めざにゅ〜」「めざましどようび」の杉崎美香キャスターが出席。チェーホフの「犬を連れた奥さん」を朗読した。


愛を読むひと

愛を読むひと

(C)2008 TWCGF Film Sevices II, LLC. All rights reserved.

シネマコミュニティ



最新の記事