ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


フー・キルド・ナンシー

Who Killed Nancy?
2009/イギリス/キングレコード+iae/96分
監督:アラン・パーカー
製作:クリスティン・アルダーソン、ベン・ティムレット
撮影:ニック・レイ・ラター  
編集:ビル・ジョーンズ
音楽:バズコックス、スティーヴ・ディグル、リッキー・ウォーウィック、ネオン・レオン

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0)

世界で最も有名なパンクロック・バンド、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスとその恋人ナンシー・スパンゲン。ドラッグと愛に溺れ破滅へと向かい、過激で短い生涯を駆け抜けたふたりの真実のドキュメンタリー。

1978年10月12日、ニューヨークのチェルシー・ホテル100号室にて女性の刺殺体が発見された。殺されたのはナンシー・スパンゲン、元売春婦であり、ヘロイン中毒者であり、世界で最も有名なパンクロック・バンド、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスのガールフレンドである。殺人の容疑で逮捕されたのはシド・ヴィシャスだった。しかし保釈期間中の1979年2月2日、シドはヘロインの過剰摂取により死亡、事件の捜査は容疑者の死とともに打ち切られた・・・。
チェルシー・ホテル100号室で一体何が起こったのか。30年間未解決事件の真相を探るとともに、事件以後、伝説と化したシド&ナンシー、そのスキャンダルな部分に隠された真実に迫る!

2009年4月11日(土)シアターN渋谷にてレイトロードショー


フー・キルド・ナンシー

(C) Moxie 2 ltd 2009

シネマコミュニティ



最新の記事