ちょっと違う切り口の映画ニュースをお届けするウェブマガジン


ちんでん金魚

2008/日本/148分
出演:大川裕明 佐々木なふみ 小室慧太郎  
監督:ケンスキー・オーデン
http://www.chindenkingyo.com

偏差値:--.- レビューを書く 読者レビュー(0)

ケンスキー・オーデンが贈る処女作
渋谷シアターTSUTAYAにて一日限りの上映決定!

ありふれているが、愛おしい・・・
どうしても嫌いになれない。ダメ男から、淡々と切りとられる日常。
都会の隅で色褪せた、どこか哀愁ただよう情景。
目に見えぬ孤独に、這いずる男の姿は、 滑稽でそしてものかなしい。
愛との出会い、そして、その行きつく先に紡ぎだされる小さな幸せとは


〈ストーリー〉
東京、ボロアパートに住む自称作家・富蔵(大川裕明)は、ギャンブル好きで
童貞の一文無し。ある日、アパートを追い出されそうになった。 富蔵は家賃の為、風俗店のインタビューの仕事をすることになる。 そこで出会った風俗嬢・朋子との恋愛に溺れる富蔵。 同居を始めた二人だが、富蔵は自分の夢−小説家になることと、
朋子の献身的な愛とのバランスに苦悩する。また、朋子も
自分の愛が富蔵にとって重荷になっているのではないか、 と同じく苦悩する。そして些細な諍いから富蔵は朋子と争い、
勢いでアパートを飛び出してしまう。
そんな矢先、思いがけない悲劇が二人を襲う・・・

3月23日(月) 渋谷TSUTAYAシアターにて特別上映
21時15分開演/23時45分終了予定


シネマコミュニティ



最新の記事